HOME > ゴキブリ対策 > ゴキブリ駆除方法

ゴキブリ対策

駆除のご相談 0120-64-6409 お電話で概算のお見積もり致します! お気軽にお電話下さい!

どうやってゴキブリ駆除するの?

作業の流れ

1. 現場調査
先ずはダイナミック・サニートの専門スタッフが徹底的にゴキブリの生息状況、生息場所を調査いたします。
2. 環境改善アドバイス
整理・整頓を行い、清潔に保つことが最も重要なゴキブリ対策です。
食品の管理方法や生ゴミの処理方法、清掃方法、物陰をできるだけ作らないことなど、ゴキブリの棲みにくい環境の作り方についてアドバイスいたします。
3. 最適なトラップ、殺虫剤を選んで駆除を行う
ゴキブリの駆除には主に下記のような方法があります。
■ 1.トラップ

誘引剤のついたトラップやゴキブリの通路に設置する粘着シートなどは即効的にゴキブリの個体数を
減らすことはできませんが生息密度や生息場所の把握や種類の同定には非常に有効です。

■ 2.殺虫性

即効性を求める場合やゴキブリの生息が多くみられる場合は殺虫剤を使う必要があります。
殺虫剤は種類によって即効性や持続性、安全性に違いがありますのでダイナミック・サニートでは現場の状況によって適した種類のものを 適量のみ使用します。

殺虫剤の種類
毒餌剤(ベイト剤) ゴキブリの好む餌に殺虫成分を混ぜたもの。
ゴキブリの生息場所や通路に設置することで持続的に効果を発揮します。
液剤 液状の殺虫剤でゴキブリの生息場所や通路に散布します。
ゴキブリが液剤に接触する事で効果を発揮します。
エアゾール剤 直接ゴキブリの固体や生息場所に噴霧することで即効的な効果を発揮しますが、
残効性はあまり期待できません。
■ 3.くん煙剤

個体数が多く、即効性が求められる場合や大きな建物の場合はくん煙が有効な場合があります。
煙状の殺虫剤を部屋に充満させ、ゴキブリが呼吸器から吸い込むことで効果を発揮します。

ダイナミック・サニートの社員は現場の状況に合わせ、効果、安全性の面から最適な手法を組み合わせて防除作業に当たります。
また、防除手法や使用する資材・薬剤については事前にお客様にご説明し、ご了解いただいた上で決定致します。

4. 効果のチェック
使用したトラップや薬剤の効果を調べるために再度訪問します。
トラップの捕獲状況やゴキブリの死骸、卵鞘の有無を確認し、効果が出ているかどうかをご報告します。
必要があればトラップを新しく交換したり、位置を移動したりします。この作業をゴキブリがいなくなるまで定期的に行います。
5. 作業完了後の対応

ゴキブリを防除した後もゴキブリの再発生を防ぐために衛生的な環境を保つことが大事です。
契約中はもちろんですが契約終了後もご自分でできるゴキブリ予防策についてアドバイス致します。

1、2回のスポット施工で作業完了した場合も、数ヶ月間の継続的な防除契約が終了した場合も引き続き担当者がご相談に乗ります。
「またゴキブリが発生した」、「今度は自分で退治したい」、など何でもお気軽にご連絡ください。

まずはご連絡下さい!調査から駆除までプロがサポートいたします!

お電話でのお問い合わせ 0120-64-6409