HOME > その他の害虫対策 > ナンキンムシ(トコジラミ)対策

ナンキンムシ(トコジラミ)対策

駆除のご相談 0120-64-6409 お電話で概算のお見積もり致します! お気軽にお電話下さい!

ナンキンムシ(トコジラミ)にご注意下さい!近年、トコジラミ(南京虫)の被害が国内で急増しています。

“シラミ”と言ってもカメムシの仲間で目に見える大きさです。(成虫は5mm~8mm、幼虫は1mm~2mmから段々大きくなる)人によっては小さなゴキブリと見間違えることもあるようです。

昼間は部屋の暗い隙間に隠れており、夜間に寝ている人を刺し、吸血します。
ナンキンムシ(トコジラミ)に吸血された箇所は、個人差はありますが、強いかゆみの症状が出て、不眠など体調に不調をきたす場合があります。

かなり狭い隙間に隠れ、明るい場所を嫌うため発見が難しいこと、また殺虫剤に抵抗性を持つナンキンムシ(トコジラミ)が報告されており、中途半端に殺虫剤などをまくと逆に被害を拡散してしまうことから、早急にナンキンムシ(トコジラミ)駆除の実績のあるプロ業者に依頼することをおすすめ致します。

料金は現場の状況によって異なります。 お電話で概算のお見積もり致します!お気軽にお電話下さい! 駆除のご相談 0120-64-6409 営業所:秋田、大館、横手、盛岡、弘前

ナンキンムシ(トコジラミ)
◆ホテル・旅館などの宿泊施設から一般住宅へ

近年の国内でのナンキンムシ(トコジラミ)被害急増は、海外からの旅行者の衣服やスーツケースを媒介としてホテル・旅館に入りこんだのが発端だと言われています。当初は全国のビジネスホテルや旅館を中心に被害が確認されていましたが、最近は一般の住宅でもナンキンムシ(トコジラミ)の被害が増えてきており、今後も拡大していくと考えられています。

宿泊施設の客室などでナンキンムシ(トコジラミ)の形跡・被害がある場合、早めの駆除が必要です。放っておくとナンキンムシ(トコジラミ)の卵は1週間で孵化し、幼虫は1ヶ月~3ヶ月で成虫となり、成虫は約1年間の寿命の中で200個の卵を産みます。
ナンキンムシ(トコジラミ)生息の疑いがある場合はすぐにご相談下さい。

◆ナンキンムシ(トコジラミ)についての情報

(社)日本ペストコントロール協会 発行「トコジラミQ&Aパンフレット」
http://www.pestcontrol.or.jp/pdf/2012tokojiramipanhu.pdf

NHK 「害虫”トコジラミ”大発生、あなたの家は大丈夫?」
http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2012/07/0717.html

◆当社は秋田県を含む東北地方を拠点にトコジラミ駆除を行っております。

旅館・ホテル等の宿泊施設やその他商業施設はもちろん、一般家庭のナンキンムシ(トコジラミ)駆除も行っております。

状況に応じて下記の方法を組み合わせて駆除を行います。

  • 徹底した目視調査による生息状況調査
  • 掃除機による吸引駆除
  • ナンキンムシ(トコジラミ)駆除用の殺虫剤による駆除
  • スチーム熱処理による卵の駆除
  • 畳、ふすま、マットレス等の乾燥処理
  • コーキング等によるナンキンムシ(トコジラミ)生息箇所の密閉処理
  • 特殊マットレスカバー、枕カバーなどによる密閉処理

まずはご連絡下さい!調査から駆除までプロがサポートいたします!

お電話でのお問い合わせ 0120-64-6409